前へ
次へ

盛大な葬式を行なう理由を考える

最近では近親者のみで執り行なう、家族葬が増えていますが、それでも一般の弔問客も出来るだけ多く盛大に行ないたいと考える人もいます。
企業の役職者になったりすると、その傾向が強くなるようです。
しかし本人が一般葬を希望していても遺族が家族葬にしたいと考えるかもしれません。
出来れば故人の遺志を尊重しなければいけませんが、執り行なうのは遺族なので遺族の気持ちも考える必要があります。
どんな葬式がよいのか、自分に合っているのか、どんな見送りをして欲しいのかということもしっかりと家族に伝えておくとよいでしょう。
もしもの時には葬式に関して話す時間もないでしょう。
生前に少しでも逝去後のことを話し合うことができれば、本人と家族との考え方も違いも分かってくるでしょう。
盛大な葬式を執り行なうというのは、多くの人の自分の逝去を知って欲しいという気持ちもあるようです。
出来るだけ多くの人に見送って欲しいと考えているのであれば、その費用も貯蓄しておく必要があります。

Page Top