前へ
次へ

葬式の考え方も最近では変わってきた

葬式の持ち方も最近では随分と変わってきました。
以前は、故人を見送る為にお金をかけるほど、価値が高いとされるところもありました。
葬儀のスタイルもランク付けがされていて、祭壇や棺のような見た目だけでなく、僧侶の数や戒名によっても値段が変わっていることも珍しくありません。
しかし、最近では、高齢化が進み、高齢者が高齢者を送る時代へとなってきており、お通夜と告別式と二日せずに直葬というスタイルで簡素化したり、会葬者を身内やごく近しい人だけでに留めて最後のお別れは家族だけで静かにという考えも主流になってきています。
それに伴い、香典をお断りするところも増えています。
また、生前から、自分のエンディングを決めておき、残された遺族には迷惑をかけない様にとされる方も増えてきました。
自分の死と向き合って、考えるということは、ネガティブな発想ではなくむしろ、とてもポジティブに受け止めているとも言えます。
また、葬式にお金をかけるのではなく、簡素化し、最小限の気持ちで故人を見送るというスタイルも現代人には受け入れられやすいのかもしれません。
どの送り方が正しい、良いということではありませんが、一度、自分のエンディングのイメージを家族と話し合っておくということは大切なことと言えるでしょう。

Page Top