前へ
次へ

家族葬のメリットとデメリットとは

家族葬は、最近人気が高まっている葬儀スタイルであり、家族を中心とした小規模の会葬者で葬儀を行うという特徴を持っています。
メリットとしては、ゆったりとした気分で葬儀が行えるということが挙げられます。
一般的な、規模の大きな葬儀では、大勢の会葬者が訪れるためその対応で忙しくなりますし、あまり親しくない方も訪れるため気をつかう場面が多くなります。
しかし家族葬であれば、身内だけの少人数の葬儀なので気疲れすることもあまりないと言えるでしょう。
そして規模が小さい分、費用を抑えることができると言う点もメリットだと言えます。
ただしデメリットとしては、葬儀が終わった後に、自宅へ弔問に訪れる方が出てくる場合が少なくないということが挙げられます。
もともと会葬者があまり多く見込めないようなケースでは、その心配はあまりないかもしれませんが、本来であれば呼ばなければならない方が多くいる場合は、後日の弔問をある程度想定しておく必要があるでしょう。

Page Top