前へ
次へ

葬式の準備は早めに行うのがオススメです

結婚式と違い事前準備を行う機会が少ない葬式ですが、急に亡くなって残された家族が困らないように、最低限

more

葬式のプランを色々と知ることをしよう

葬式というと、一般的にはお通夜があり告別式がありそして火葬があるという認識でしょう。
しかし、

more

互助会に入って葬式を執り行なう

出来るだけ葬式にはお金をかけたくはないと考えている人は多いです。
人生最期のセレモニーとなるの

more

近所の葬儀で立派な霊柩車を見ました

近所の葬式で立派な霊柩車が来ていました。
昔は霊柩車をよく見ましたが、最近はあまり見ません。
一目で霊柩車とわかるタイプは少なく、飾りのない霊柩車が増えているせいかもしれません。
私は立派な飾りが付いた霊柩車の方が好きなので、細部まで彫刻などの細工がちりばめられた霊柩車を見るとテンションが上がります。
人が亡くなっているので不謹慎な事はできませんが、立派な霊柩車だなと感心するのは良いはずです。
ある意味そういう憧れの存在のようになるのが、故人の供養にもなるのではないでしょうか。
霊柩車の中もネットの画像で見たことがあるのですが、屏風のように美しい装飾がなされていました。
人生最後の別れの時、旅立ちの時でもあるので、その時には美しい装飾の中で運ばれるのは幸せな事です。
それだけのことをしてやりたい、と言う遺族の心遣いなのですから、生前の関係も忍ばれます。
日本の霊柩車は芸術的なレベルにあるので、これからも続いていってほしいです。

https://kaishusenka.com/osaka/higashiosaka/huyouhin.php
工場密度全国NO.1の場所の不用品回収業者はこちらで確認できます

追加料金の心配なく不要物の処分を任せられます
事前に見積もりをしてくれるので、それ以上追加料金が発生する心配がありません。

エコループで不用品を処分する
要らなくなったものを安く処分できる業者

自分の予定に合わせて故人の家を片付けてもらえます
土日祝日の依頼もOKのため、平日忙しい方でも便利です。

独自のアフターケアサービスがある片づけ業者
遺品整理後の住居に対する見回りサービスも行っています。

Page Top