前へ
次へ

一般葬のメリットやデメリットとは

最近のお葬式では、小規模スタイルの家族葬などがよく選ばれていますが、やはりスタンダードな葬儀スタイルである一般葬も根強い支持があります。
一般葬というのは、家族や親戚をはじめ、近所に住んでいる方や、故人が生前に勤めていた会社の関係者などを幅広く呼ぶことにより大規模になる葬儀スタイルのことを指します。
メリットとしては、大勢の会葬者をお呼びするため一度にご挨拶ができるということが挙げられます。
会葬者を限定した小規模スタイルの場合は、後日弔問へ訪れる方への対応が大変な場合がありますが、一般葬であれば葬儀後にゆっくりできると言えるでしょう。
そして会葬者の人数が多いということはそれだけ香典も多くなるため、その収入によって葬儀費用を大幅に軽減することも可能だというメリットもあります。
一方でデメリットとしては、会葬者が多いためその対応が大変になってしまうということが挙げられます。
しかし葬儀後はゆっくりとできるため、そのメリットも考慮するとよいでしょう。

Page Top